Microsoft、iPadでWordとPowerPointを2つ並べて表示対応へ

iPadOSの登場により、Bluetooth対応マウスが使えるようになったり、Appleから純正のトラックパッド搭載キーボードも登場し、さらに使えるデバイスになったiPad。そんなiPadでのMicrosoft Officeの利便性が向上するようです。米Microsoftは今後のアップデートで、Microsoft Word(ワード)とMicrosoft PowerPoint(パワーポイント)を同時に2つ並べて表示できるSplit Viewに対応するになると発表しました。

同じアプリを2つ並べて表示する機能はiPadOS  13で新たに加わった機能でした。昨年6月に開催されたAppleの開発者向け会議「WWDC 2019」でアップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi (クレイグ・フェデリキ)氏は、ワードを2つ並べてこの機能を実演しました。iPadOS 13のリリースと同時に、MS Officeも同じアプリを2つ並べるSplit Viewに対応すると期待されていましたが、実際のところこれまで未対応でした。

米Microsoftは現地時間4月29日に、iPad上で複数のワードとパワーポイントを表示できるようになるとOffice Insiderにて発表しました。今回発表された新機能は、Appleが提供するiOSアプリのベータテスト用アプリTestFlightで試すことができます。

2つのワード文書やスライドを左右に並べることが可能になると、2つの資料を比較しながら作業を進めたり、いちいち画面を移動することなくコピー&ペーストができるので、作業効率向上が見込めそうです。なお、現時点では、この機能がいつ頃一般のユーザー用にリリースされるのか情報はありません。

コメント