任天堂は7日間のSwitch Online無料トライアルチケットを配布中

Nintendo Switchのリリースを皮切りに、任天堂はオンラインでプレイするために料金を請求し始めました。任天堂は、このシステムをとる最後のコンソールメーカーでした。MicrosoftはXbox 360の時よりXbox Live Goldサブスクリプションが、ソニーはPlayStation 4よりPlayStation Plus以来、オンラインプレイのために料金が発生していました。任天堂が独自の手数料を要求し始めたのはこれが初めてでした。

結果として得られるサービスはNintendo Switch Onlineで、年間2,400円、1か月306円、または3か月815円で実行されます。これは、Xbox LiveゴールドやPlayStation Plusの年間および月額のサブスクリプション料金よりも大幅に安いのですが、ユーザーはSwitch Onlineが他のサービスほど安定していないことに気付きました。私たち自身も経験しています。SuperSmash Bros. UltimateとSuper Mario Maker 2の両方で、接続の遅延が頻繁に問題になります。

これらの問題にもかかわらず、オンラインでプレイするにはサブスクリプションが必要であるという事実が残っています。任天堂はオンラインで切り替えたいゲームでそれをテストする時間を与えて、Switch Onlineの7日間無料トライアルを提供します。ヨーロッパの任天堂は本日、これらのトライアルを実質的にリセットすることを発表したので、以前に7日間のトライアルを使い切った場合でも、eショップにアクセスすることで、別のトライアルを要求して使用することができます。

任天堂はなぜこれを行っているのかは明らかにしていませんが、「この機会に、家にいながらお友達と対戦や協力プレイを楽しんだり」と述べており、おそらくパンデミックと関係があり、みんなが楽しく「Stay Home」できるのではないでしょうか。トライアルチケットは5月6日(木・祝)まで無料配布しており、番号の有効期限は5月10日となっているので、Nintendo Switch Onlineを検討中の方もそうでない方もお早めに。

コメント