インスタが中小企業を支援するためのステッカーを発表

2020年4月15日、Instagramは、同社プラットフォーム上の企業がユーザーからのオンライン注文サービスを簡単に受け付けることができるような取り組みを発表しました。2020年4月16日から、企業は食品の注文、ギフトカードの購入、資金調達に関連するスタンプをプロフィールやストーリーズに追加できます。これらのステッカーをタップすると、関連するポータルに移動します。

パンデミックに対応するインスタの新しい計画

Instagramはこれまでにも、COVID-19(新型コロナウイルス)のパンデミックに対応する計画をいくつか発表してきました。これまで、モバイルアプリ上でしか行えなかったメッセージの送信や、インスタライブの閲覧がウェブブラウザー上で行えるようになりました。今回の発表もパンデミックに関連するものです。

多くの企業、特に中小企業は、COVID-19による自宅隔離や社会的距離を遠ざける努力によって引き起こされる景気後退に苦しんでいます。Instagramは、オンラインで注文を受け付けたり、ギフトカードの購入など、ユーザーがこれらの企業のビジネスをサポートするような連絡を、簡単に取り合えるよう支援するそうです。

Instagramによると、ギフトカードやフードオーダーのステッカーをタップしたユーザーは、購入が可能なパートナーのウェブサイトに誘導されます。他にも、資金調達ステッカーをタップすると、その企業のオーナーが作った、個人用募金キャンペーンが紹介されているFacebookに誘導されます。ストーリーズでスタンプを再シェアして口コミを拡散することもできます。

アメリカとカナダに導入後、全世界へ

この機能はまず、アメリカとカナダにある企業に最初に導入されますが、世界の他の国でも数週間のうちに利用できるようになるInstagramは述べています。また、資金調達機能は 「近日公開」 とだけ書かれています。Instagramは、中小企業をサポートするための他の機能も将来的にリリースする計画であることを示唆しています。

Instagramの発表によると、この機能は特にCOVID-19の流行時に支援を提供するために特別に設計されています。しかし、パンデミックが終息して事態が正常化した後も、このステッカー機能を使い続ける計画があるかどうかは今のところわかりません。

コメント