インスタライブがウェブブラウザ上で使用可能に!

Instagram Liveがウェブブラウザ上で使えるようになりました。つまり、デスクトッププラットフォームを含む、複数のプラットフォーム上のウェブブラウザで、Instagram Liveのビデオフィードを閲覧できるようになったということです。新しいインターフェースははるかに直感的です。特にInstagram Liveイベントで複数のフィードを表示する場合には、より一層実感できることでしょう。このシステムは、今のところすべてのユーザーではないにしても、すぐにほとんどのユーザーが利用できるはずです。

デスクトップで使ってみましょう

Instagram Liveイベントへのリンクを見つけたら、そのフィードをデスクトップマシンで見ることができるはずです。Google Chromeのようなブラウザでは、フィードは、「ユーザー名(スラッシュ)live(スラッシュ)」で表示されます。ページの左側にInstagram Liveフィードのビデオ(複数のビデオを閲覧することも可能)が表示され、右側にコメントが表示されます。

このシステムは、ビデオのLIVEステータスと、現在そのフィードを見ている人数も表示します。これは、あらゆるプラットフォームでのライブビデオフィードアクションを行うための最も基本的な機能の一つです。したがって、YouTubeやTwitchなどのプラットフォームともやや似ています。

Instagramは次に何を起こす

2020年3月にはCOVID-19に対応するリリースがありました。例えば、信頼できる保健機関の投稿を除く、COVID-19関連のアカウントをおすすめから削除したり、他の人がどのように社会的距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)を実践しているのかを確認できる「おうち時間」スタンプをリリースしています。

今回紹介した新しいリリースは、Instagramのダイレクトメッセージがウェブで使えるようにアップデートされた直後に行われました。今まではモバイル最優先の印象が強かった同サービスで、まさかPCからDMが送られるようになったとは。在宅で働く人が増えた分、モバイルよりもPC利用に回帰しているユーザーは決して少なくないでしょう。モバイルアプリに限定されているInstagramの機能がまだ他にもあったとしても、ウェブ上でのアクセスが可能になる等、機能が大きく変化する可能性があります。新しいリリースがありましたらお知らせいたします。

コメント