モバイル業界最大のイベントMWC 2020中止。拡大し続ける新型コロナウイルスを懸念

スペインのバルセロナで2/24に開催を予定していたMobile World Congress 2020(MWC 2020)の中止が、主催者であるGSMAより発表されました。MWC 2020は世界最大級のモバイル業界のイベントで、新型コロナウイルスの影響から参加企業の出展見送りが相次いでいました。

参加者と開催地に考慮してMWC 2020の開催を中止

GSMAは声明で、「バルセロナおよびスペインにおける安全と健康的な環境を維持するため、MWC 2020を中止することを決定しました。そして、中国をはじめ世界中の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。」と述べています。また、GSMAと関係団体、開催都市であるバルセロナ2021年のMWCに向けて協力を続けていくようです。

発熱者スクリーニングの実施や湖北省から訪れる参加者の入場禁止など、MWC 2020を開催できるよう対策を練っていたGSMAですが、例年の中国からの参加者が5~6,000人であることを考慮して開催を中止しました。

また、MWC 2020の開催中止が発表される前に参加を見送った企業は以下のようになっています。

MWC 2020参加見送り企業

いつ各メーカーが次世代機を発表するか注目

ここ数日、MWC 2020の参加を見送る企業が相次いていましたが、ついにイベント自体が中止になってしまいました。しかし、安全を第一に考えると正しい判断だと思います。2/24の新製品の発表はなくなりましたが、各メーカーがいつ次世代機を発表するのか気になるところです。

コメント