SonyとAmazon、TCLがMWC 2020への参加を見送り。主催者のGSMAはさらなる感染対策を発表

MWC 20202/24に開催される予定のモバイル業界最大のイベントですが、SonyAmazonTCL参加を見送ることを発表しました。LGEricsson、NVIDIAに続き、新型コロナウイルスの影響を懸念してとのことです。また、主催者であるGSMAはさらなる感染対策を発表しました。

Sonyは公式YouTubeチャンネルで新製品を発表

Sonyは同社のウェブサイトで「お客様とパートナー、メディアや従業員の安全と健康を最優先に考え、スペインのバルセロナで開催されるMWC 2020への出展を中止しました」と短い声明を述べました。

MWC 2020で出展を予定されていた新製品は、2/24に公式YouTubeチャンネルであるSony Xperiaのライブ配信で発表を行うようです。

AmazonはMWC 2020で大規模なプレゼンを用意していた

ロイター通信の報道によると、AmazonもMWC 2020への参加を見送るようです。Amazonは声明で、「新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、MWC 2020への参加を見送ります」と発表しました。

AmazonはMWC 2020でAmazon Web Servicesに関する大規模なプレゼンを企画していました。代わりのイベントについては何も発表されてないので、今後のAmazonの情報を待ちましょう。

TCLはブースのみ出展

TCLはMWC 2020の参加を完全に見送るわけではないと発表しました。ZTEと同じく今回はブースのみの出展で新製品を発表するようです。

また、日本企業でもMWC 2020の参加を見送る企業は多く、Docomo楽天も出展を取りやめるようです。

主催者GSMAはさらなる感染対策を発表

MWC 2020を主催するGSMAは、さらなる感染対策を発表しました。洗浄・消毒だけでなく、会場では発熱者スクリーニングを実施し、湖北省から訪れる参加者の入場禁止などの措置を取るようです。

開催まで残り数週間ですが、MWC 2020の参加を取りやめる企業はさらに増えそうです。SonyやAmazonなどが撤退し、MWC 2020がどうなるか注目が集まります。

コメント