LGとZTE、新型コロナウイルスの影響を懸念してMWC 2020への参加を見送り

大手通信機器メーカーLGZTEは、中国で発生中の新型コロナウイルスへの懸念からMobile World Congress 2020への参加を見送ることを発表しました。新型コロナウイルスが中国以外でも広まっており、従業員が感染するリスクが高いことが見送った理由です。

世界最大のモバイル見本市Mobile World Congress 2020

Mobile World Congress 2020(以下、MWC 2020)はスペインのバルセロナで毎年開催されている世界最大のモバイル製品の見本市です。2/24から2/27まで開催される予定で、LGとZTEは見送りましたが、HuaweiIntelIBMなどの大手メーカーが参加します。

LGは今回の見送りについて以下のような声明を出しています。

「私達は従業員やパートナー、顧客の安全を第一に考えた結果、スペインのバルセロナで開催されるMWC 2020の出展と参加を取りやめることを決定しました。」

「また、この決定により国境を越えて広がり続けている新型コロナウイルスから、何百人ものLGの従業員が守られると考えています。」

今後、LGはMWC 2020の代わりになるイベントを開催し、2020年のモバイル製品を発表する予定です。

猛威を振るい続ける新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの大流行を止めるため、さまざま企業が予防に取り組んでいます。Appleは中国のオフィスや公式ストアなどを閉鎖すると発表し、Uberもメキシコで約240人のアカウントを停止しました。そう考えるとLGの決定は妥当なものだと考えられます。

しかし企業の取り組みだけでなく、個人としての取り組みも大切です。一人ひとりにできることと言えば、こまめな手洗いやマスクの着用があるので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

コメント