iPhone 12の修理しやすさは10点中6点:恒例のiFixitによる分解が行われる

過去の記事でもiPhone 12の分解について紹介していますが、今回はiFixitが行ったものを紹介します。iFixitは、Appleの新しいiPhone 12とiPhone 12 Proモデルの分解を終え、ユーザーにデバイスを動かすものは何か以前のモデルと比べて何が変わったか自分で修理しようとするとどのような問題に直面するかを発表しました。また、iPhone 12の分解に加えて、新モデルで導入されたMagSafeも分解しています。

本体を開けるのは難易度高め

iPhone 12と12 Proモデルの分解はペンタローブネジを外し、ピックや熱を利用して本体をこじ開けることから始まりました。iFixitは、このプロセスの間に同社のエンジニアが様々な困難を経験したことを指摘しており、本体をひとまとめにしている接着剤が微調整されているかについて疑問を投げかけています。

iPhoneを右端から開き、スクリーンを取り外せばiPhone 12とiPhone 12 Proの違いはそれほどわかりません。しかし、分解が深まるにつれて状況は変わり、iFixitによると、iPhone 12 Proには余分なスナッパーがあり、iPhone 12にはProモデル上のLiDARスキャナーがある空間にプラスチックのスペーサーがあるといいます。

そして、おそらく、これらのモデルに搭載されている大型のロジックボードが、AppleがバッテリーとSIMトレイに使用されている側面を反転させた理由でしょう。SIMトレイはモジュール式で取り外しが簡単です。Appleは簡単に取り外せるPhilips製ネジをスピーカーに採用し、接着剤の代わりにオレンジ色のゴム製ガスケットを採用しました。これはSamsungの設計に似ていて、修理技術者にとって扱いやすいでしょう。

バッテリーやディスプレイの交換を優先したデザインという評価

最終的に、iPhone 12と12 Proは、10点中6点という高い修理性スコアを獲得しました。iFixitは、このデザインはバッテリーとディスプレイの交換を優先しており、他の多くの主要コンポーネントはモジュール式であるため、簡単に交換できると説明しています。

その一方で、このモデルには追加の防水加工が施されているため、修理がより困難になり、接着剤の使用量が減ることで、取り外すネジがより多くなることを意味します。唯一の欠点は、モデルの両側にガラスが付いていることです。ガラスが破損した場合、シャーシ全体を交換する必要がある壊れやすい設計要素です。

コメント