iPhone 12の分解動画が到着

消費者向けに一般公開される前にiPhone 12の分解動画が紹介されました。このデバイスは、先にリリースされる2つのiPhone 12デバイスのうちの1つであり、もう1つはiPhone 12 Proと呼ばれます。この標準のiPhone 12は、過去数世代のiPhoneと比べて、外側のハードウェアデザインも大きく異なるため、内部がいくつかの重要な点で変更されているのも当然のことです。

バッテリーはiPhone 11よりも小さい

内部にはiPhone 11よりも小さいバッテリーが内蔵されています。iPhone 11のバッテリー容量は3110mAhでしたが、iPhone 12は2815mAhで動作します。これは必ずしもiPhone 12のバッテリー寿命が短いことを意味するわけではありませんが、そうなる可能性があります。また、iPhone 12は与えられたバッテリーを最大限に活用するように最適化されている可能性もあります。

タプティックエンジンはiPhone 11よりもiPhone 12の方が小さいです。このコンポーネントは、太字のTAPTIC ENGINEの文字も残されているため、デバイスを分解してもこのハードウェアがApple製であることがわかります。

新しい充電「MagSafe」の姿も見える

また、分解すると、MacSafeハードウェアも明らかになりました。この磁気リングおよびNFC(かざして通信を行う技術)を含む他のさまざまなコンポーネントは、デバイスの背面のパネル中央にあります。MagSafeハードウェアは特に修理しやすいようには見えませんが、より徹底的な分解が行われるまで待つ必要があるでしょう。

一般的に言われているように、iPhone 12は非常に整然と配置されており、スマートフォン修理業界にとっては比較的扱いやすいものでしょう。iPhone 12の第一印象をご覧になって、iPhone 12とiPhone 12 Proの両方の完全なレビューをお楽しみにしてください。

コメント