完全自動運転、実装へ一歩近づく テスラがFSDのベータテスト開始

テスラのイーロン・マスクCEOは、同社の電気自動車に搭載されている「FSD(Full Self Drive)コンピューター」が約2,000ドル(21万円)値上げされることを発表しました。FSDは完全自動運転に必要なシステムで、現在、公道における公開ベータテストが始まっていることも明らかになりました。

テスラ車は、オプションでFSDを追加することで完全自動運転に対応できるようになります。FSDは数年前からオプションに設定されており、「モデル3」では8,000ドル(84万円)で購入できますが、現時点では完全なる自動運転は実現できていません。

マスク氏によると、FSDや既存の半自動運転システム「オートパイロット」が使用するカメラなどをベースに、テストを経て完全自動運転を実装する計画のようです。

アルファテストは先日終了し、現在はベータテストが行われています。現地時間10月20日から、ベータテストの参加者のクルマにFSDソフトウェアがインストールされています。テスト走行は低速で、慎重に行われるとマスク氏。

21日、イーロン・マスク氏がTwitterに投稿したベータ版の告知。

しかし、現在のハードウェアで安全な自動運転を行うことができるかどうかは、議論の的となっています。テスラはまた、まだ有効性が実証されていないFSDに対して料金を課していることについても批判を受けています。

これに対しマスク氏は、従来のLIDARセンサーを声高に批判しており、近距離および長距離レーダー、超音波センサー、カメラからなる現在のオートパイロット装備で十分だと主張しています。

現在、FSDのベータテストにどれほどのオーナーが参加しているのかは不明ですが、年末までに自動運転機能の拡充を目標としています。今回のテストで、高い安全性が証明されるかどうかがカギとなるでしょう。グローバル展開については、各国で当局の承認が必要になるため、FSDの価格変更はベータ版が展開されている国でのみ行われます。

テスラ「モデル3」

マイルストーンとしては、確かに大きなものです。とはいえ、テスラのFSDの能力についてはまだ多くの疑問があり、仕様の詳細もほとんど明らかになっていません。ベータテスト参加者から報告が上がれば、おそらく詳細がわかるでしょう。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント