AppleがiPhone12に対応する未来の充電器「MagSafe」を発表

本日行われたAppleのiPhone発表イベントの驚きのうちの一つに、iPhone 12がMagSafeを使ってワイヤレス充電を行うという発表があります。MagSafeは、毎回ワイヤレス充電のスイートスポットに置くのに役立つだけでなく、アクセサリーにも使用できます。イベントの中でのMagSafeの発表は、瞬きしたら見逃してしまうタイプのお得な情報でしたので、AppleがiPhone 12用に作っているMagSafeアクセサリをいくつか紹介します。

期待を高めるオプションのアクセサリ

MagSafe for iPhoneは最大15Wの充電をサポートするとのことです。iPhone内部の磁力計は、ワイヤレス充電器が取り付けられているかどうか、あるいはユーザーがMagSafeのアクセサリを取り付けているかどうかを判断できます。

Appleが製造しているMagSafeの2つのアクセサリに、ウォレットがあります。これは現金とカードを入れることができるカードサイズの磁気スリーブで、非常に単純な製品です。また、iPhone本体の保護スリーブもあります。iPhoneをこのスリーブに入れると、MagSafeはiPhoneのロック画面の時計を作動させ、前面のウィンドウから時刻を表示します。

iPhone12シリーズとApple Watchが同時に充電可能

Appleによれば、MagSafe充電器はこれらのアクセサリを使っても動作し、通常のQi認定ワイヤレス充電器もiPhone 12で動作します。また、同社は、iPhone 12とApple Watchの両方に適合し、使用しないときは折り畳んで持ち運びしやすいデュアルMagSafe充電器も開発しています。これは過去に発売中止となったAirPowerワイヤレス充電マットに最も近いもののようです。

Belkin社のようなサードパーティパートナーも独自のMagSafe製品を発売するため、MagSafeアクセサリと充電器を製造しているのはAppleだけではありません。MagSafe for iPhoneの詳細については、Appleが発表したときにお伝えするので、しばしの間お待ち下さい。

コメント