最新アップデートがリリース!”Windows 10 October 2020 Update”

2020年も残すところあと2ヶ月ほどですが、Windows 10のメジャーアップデートがリリースされました。20H2と名付けられたこの新しいバージョンは、大きな機能は控えめで、洗練されたものになっています。Windows 10 20H2では、いくつかの注目すべき変更が加えられていますが、その中にはEdgeブラウザーをすべてのPCに搭載しようとするMicrosoft社のさりげない動きを受けて、いくつか反発を招いているものもあります。

Microsoft Edgeの搭載やスタートメニューに新デザインが加わる

Edgeブラウザーの件は以前にも明らかにされており、Microsoftは苦情や批判にもかかわらず、考えを変えませんでした。2020年10月のWindows10アップデートでは、Microsoft Edgeが不要な場合でもインストールされるようになりました。それ以上に、Edgeは数十年前のInternet Explorerのようにオペレーティングシステムの不可欠な部分ではなかったにもかかわらず、それをアンインストールすることもできません。

しかし、Windowsの新バージョンではユーザーが自分のコンピュータをより自由にコントロールできるようになったので、悪いことばかりではありません。最も目に見える変更点は、Microsoftの新しい「Fluent」デザイン言語に対応したスタートメニューです。これは幸いにも、どのテーマを使用するかをユーザーが決めることができます。

小規模だがいくつかの新機能が追加に

Windows 10の設定アプリは、由緒あるプログラムを完全に置き換えるにはほど遠いものの、ゆっくりではありますが確実にコントロールパネルの代替品になりつつあります。今回のアップデートではいくつかの新機能が追加されています。例えば、サポートするハードウェアがあることを前提としていますが、画面のリフレッシュレートを調節するオプションが含まれています。

2020年10月のアップデートは、20H1バージョンに比べて比較的小規模ですが、コンピュータのベストプラクティスを適用することをユーザーに呼びかける主要なアップデートであることに変わりはありません。言い換えれば、Windowsの更新プログラムが完全に問題になっていないことを考えると、今がアップデート前にコンピューターをバックアップする良い時期かもしれません。

コメント