Windows 10で不適切な更新プログラムがリリースされる

Microsoftは、Windows 10コンピュータ用のオプションのドライバー更新プログラムをリリースしましたが、これは提供されるべきではありませんでした。ドライバーの更新を要求していない、または必要としていないユーザーに対して、不適切なドライバーの更新が表示されました。これは日常的な「この最新のWindows 10アップデートにはいくつかのバグがあります」といった状況とは異なり、Microsoftが誤ってソフトウェアアップデートをリリースしたようなものです。

リリース日が1968年になっているものも

報告によると、ドライバーの更新は「Intel –System」という名前でWindows10デバイスに表示されているようです。この更新プログラムは、Windows 10バージョン2004(2020年5月の更新プログラム)のオプションのドライバー更新プログラムを使用するユーザー向けに表示されました。

また、ユーザーは、表示されるはずの日付よりもはるかに古い日付のシステム更新の表示についても報告しています。Windows Latestによると、1968年のIntel Systemアップデートが一部のユーザーに表示されているようです。

2020年9月リリースにもかかわらず、「INTEL – System – 7/18/1968 12:00:00 AM – 10.1.15.6 Intel System driver update」というタイトルの表示が確認されています。

更新が強制されているわけではないので問題がなければそのままに

これだけではなく、ユーザーからは複数のインストールバグが報告されています。これは、更新プログラムがインストールされていても、オプションの更新プログラムの一覧に表示されている状況です。

Windows 10 PCがオプションのドライバー更新プログラムを提供するように設定されている場合は、上記の更新プログラムをそれぞれ再確認してください。これらの更新の多くはオプションのままであり、強制されていないようなので、更新ボタンを無闇にタップしてしまわなければ、慌てる必要はほとんどありません。

これまでにWindows 10のオプションの更新プログラムを一度もインストールしたことがなければ、今は最適なタイミングではないかもしれません。少なくともこの問題が完全に解決されるまでは、お使いのコンピュータが正常に動作しているのであれば、今すぐオプションの更新プログラムを探す必要はありません。また、2020年8月のWindows 10アップデートのエラー”インストールに失敗しました”を確認して、新しいバグに注意してください。

コメント