日産のデザインは変わった!インフィニティ「QX60モノグラフ」発表

日産の高級車ブランドであるインフィニティは9月25日、新型SUV「QX60モノグラフ」を発表しました。現時点ではコンセプトに過ぎませんが、7人乗りSUV「QX60」の次世代モデルとなるでしょう。プラチナ塗装を施したQX60モノグラフは、筋肉質でエレガントなフォルムと高級感のあるインテリアを備え、群を抜く存在感を放っています。

Infiniti QX60 Monograph

日産自動車のグローバルデザイン担当シニアバイスプレジデントであるアルフォンソ・アルバイサ氏は次のように述べています。

「モノグラフの開発を機に、QX60の今後の方向性や、より幅広いデザイン言語によるブランドとしての方向性について議論を始めたいと考えております」

Infiniti QX60 Monograph

第一印象からすると、インフィニティは正しい方向に舵を切ったように見えます。QX60はインフィニティにとって北米市場におけるベストセラー車ですが、現行モデルは日産「パスファインダー」と共通の古いプラットフォームを使用しています。また、アキュラが新型「MDX」を発表したほか、ドイツからはBMW「X5」、アウディ「Q7」、メルセデス・ベンツ「GLE」など強力なライバル車が勢揃いしています。

Infiniti QX60 Monograph

「このモノグラフを制作するにあたり、わたし達はQX60のトーンを変え、彫刻的、建築的な観点から銘板を変貌させたいと考えました。視覚的な重心を高くし、ボンネットに至るまでの力強いストレートなショルダーライン、より高く、より目立つグリル、より長く見えるキャビンを実現し、筋肉質な感覚と威厳のある存在感を実現しました」(アルバイザ氏)

Infiniti QX60 Monograph

QX60モノグラフは、現行モデルのミニバンをイメージしたスタイリングとは一線を画しています。ほぼ水平に近いボンネット、ロングホイールベース、シャープなAピラー、優雅に傾斜するルーフラインなど、モダンな都市型SUVと呼ぶにふさわしいプロポーションを持っています。折り紙にインスパイアされたという立体的なフロントグリルや、着物のように折りたためるパノラミックガラスルーフなども特徴的です。

Infiniti QX60 Monograph

QX60モノグラフは現在、横浜のインフィニティ本社で展示されています。また、2020年9月26日から10月5日まで開催される「北京モーターショー2020」にも出展中です。

パワートレインについては明らかになっていませんが、可変圧縮式の4気筒ターボまたはV6ツインターボを搭載し、駆動方式はFFとAWD、トランスミッションは8速ATを採用すると予想されています。

正式デビューは2021年になるでしょう。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント