iPhone/iPadでもXboxタイトルをプレイ可能に? ただし条件も

先日、アップルはマイクロソフトのxCloudやグーグルのStadiaといったゲームのストリーミングサービスをiOSで承認。iPhoneやiPadでプレイできるゲームの幅が広がるかと思われましたが、承認に関する条件が非常に厳しく、マイクロソフトは反発しています。しかし、マイクロソフトが提供するiOS用Xboxアプリの最新ベータ版は、ある可能性を秘めています。

AndroidとiOS向けにリリースされたXboxアプリのベータ版には、ある重要な機能が含まれています。それは、リモートプレイやリモートインストールを可能にし、モバイルデバイス上でXboxのゲームタイトルをプレイできるようにしたこと。ただし、xCloudとは異なり、この機能を利用するにはXboxのコンソールを所有している必要があります。

「新しいXboxアプリのベータ版がAndroidとiOSで利用可能になり、どこにいてもXboxに接続でき、コンソールのリモートプレイ、リモートゲームインストール、チャットなどができるようになりました!」

リモートプレイは、さまざまな種類のゲームストリーミングの総称になっています。クラウドからストリーミングするのではなく、所有しているゲーム機や、Steam Linkの場合は自宅のPCからストリーミングするというものです。

Xboxアプリの特徴として、スマートフォンを介してXboxに接続することができるという機能があります。つまり理論的には、外出中に自宅のXboxからストリーミングできるということです。コンソールの電源を入れたままにしておけば、ゲームをリモートでインストールすることもできるので、外出前にインストールし忘れてしまう心配もありません。

この機能がアップルが規定するApp Storeの規約に抵触するかどうかはまだわかりません。Steamを運営するバルブ(Valve)は以前、iOS上でSteam Linkアプリをリリースした際に規約の問題に直面しました。最終的には、iPhoneからSteamゲームを購入できる機能を無効にし、すでに所有しているゲームのみプレイできるようにすることで承認を得ました。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント