iPhone12の発売日が2段階に分かれる可能性

今年のiPhone 12リリースは供給ラインの制約により、Appleは段階的に2つのリリース日を設けることになりそうです。このニュースは、サブストレートプリント配線板 (SLP)メーカー関係者のリークから来ています。新iPhoneについては、3つの異なるディスプレイサイズを持つ、4つのモデルになるという噂です。

2020年中に2段階に分けてリリース

Digitimesの報道によると、iPhone 12の2段階のリリースは、まず標準モデルとProモデルから始まり、次に小型ディスプレイと大型ディスプレイモデルへと進むといいます。つまり、どちらも6.1インチディスプレイ搭載のiPhone 12とiPhone 12 Proが第1弾で、5.4インチのiPhone 12と6.7インチのiPhone 12 Proが第2弾となります。

iPhone 12およびiPhone 12 Proは2020年内にリリースされると予想されています。通常、9月上旬に発表され、その後9月下旬または10月上旬にリリースされます。iPhone 11とiPhone 11 Proは2019年9月10日に発表されました。

3つのディスプレイサイズに、4つのモデル

下の写真は、今月中に明らかになるであろう4つのiPhone 12モデルの予想されるサイズです。2つの中間モデルが同じサイズのディスプレイを持ち、カメラのパワーとセンサーで両者を区別しています。Appleが2段階リリースをどのように処理するのか、ユーザーは興味深いでしょう。

ここ数週間、iPhone 12とiPhone 12 Proについては様々な情報がリークされています。最新iPhoneの発売は、シリーズの完全な更新というわけではありませんが、iPhone 11およびiPhone 11 Proでの2019年のラインの発売後の、大幅な機能強化になるはずです。10年間世界中のユーザーの間で主力となるスマートフォンであり続けることを可能にしたこのラインの最新作に注目が集まっています。

コメント