Windows 10 大規模アップデート「Windows 10 May 2020 Update」が一般リリース

Microsoftが、米国時間5月27日に「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」をリリースしました。Windows 10のアップデートと言えば、つい最近も累積プログラム「KB4549951」で不具合が多々報告されるなど、問題が続発しています。万が一の事態に備え、アップデート前にはバックアップを取得した方が良いでしょう。

昨年リリースされた「November 2019 Update(バージョン1909)」が比較的小規模なアップデートだったことを考えると、今年初のメジャーアップデートであるバージョン 2004では、数々の機能が改善されている様です。

今回のアップデートの目玉の1つは、Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)です。WSL2では、ローカルホストからWSL Linuxネットワーキングアプリケーションに接続が可能になり、例えば、WSL 2 Linuxディストロで NodeJSを起動し、Microsoft Edgeから接続などが行えるようになります。

他には、Bluetooth接続の改善、新しい顔文字の追加、新しくサードパーティーのウィジット対応のXbox Game Barなどがあります。また、AIアシスタント「Cortana」は、タスクバーではなく独立して配置されています。

Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)は、まずバージョン1903と1909のユーザーに適用され、その後段階的に古いバージョンへの配信が行われる予定です。もちろん、手動でのアップデートも可能ですが、Windows 10アップデートのこれまでを振り返ると、アップデートを可能な限り引き延ばすユーザーの方が多いと予想されます。

コメント