電子タバコ愛用者はわずか数ヶ月で口腔環境が壊滅的になると警告

最新の研究で、電子タバコ愛用者は口腔疾患や、場合によっては癌に至る口腔環境になるまで、使用からほんの数カ月で悪化してしまうと警告しています。この効果は、ニコチンの有無にかかわらず、若年層の電子タバコ愛用者で認められました。電子タバコは口の中の細菌を変化させ、使用後数カ月以内に悪化することが分かり、口腔内で有害な微生物が繁殖していることがわかりました

口の中の細菌も非常に重要な影響を及ぼす

人間の体内には、口の中だけでなく、心臓や脳の健康にも重要な役割を果たす細菌がたくさんいます。オハイオ州立大学の研究者らは、(ニコチンの有無にかかわらず)電子タバコがこれらの口腔微生物に大きな影響を及ぼし、歯肉疾患、歯の喪失、さらには口腔癌に至る危険な変化を引き起こすことを発見しました。

実際、この研究では、電子タバコを3カ月ほど使用した後には、長期喫煙者でも口腔内細菌の分布がより破壊的になることがわかった。このことは、電子タバコがタバコの代わりに害の少ない代替手段であるという一般的な考えに警鐘を鳴らしています

ニコチンの有無にかかわらず、電子タバコは口の中を壊滅させる

研究者たちは、若く健康な電子タバコ愛用者から見つかった微生物を 「予想外」 と表現しています。その結果、歯垢(プラーク)から見つかった細菌群が 「粘液」 で覆われ、歯ぐきの炎症を引き起こしていることがわかりました。また、研究者たちは、これらの被験者の口の中のタンパク質の量が多いことを発見し、免疫系がより多くの炎症を引き起こす準備ができていることを明らかにしました。

その理由は、口腔内の細菌が破壊されると、免疫系が細菌を認識しなくなり、 「巨大な炎症反応」 が引き起こされるからだということです。この状態は、電子タバコを長く使えば使うほどひどくなることが観察されましたが、これは液体にニコチンやフレーバーが含まれていなくても同じだったという事です

コメント