NASAパーセベランス号はシャーロックとワトソンと呼ばれる探査ツールを装備

NASAは、火星ローバーのパーセベランス号に、有名な架空のコンビにちなんで名付けられた2つのツールを装備しました。 シャーロックとワトソンと呼ばれる各ツールは、砂粒と同じくらい小さい火星の岩石を調査できるようにするシステムの一部です。 シャーロックはローバーのロボットアームにあります。これには、ワトソンカメラと連動するレーザーと分光計が含まれています。

火星ローバー、パーセベランス号は、2021年2月に火星に到着する予定で、今年中に打ち上げられる予定です。パーセベランス号には、過去の微生物の生存の証拠の探求など、火星の環境のさまざまな側面を研究するための多くの機器が搭載されます。NASAが火曜日に発表したツールの2つの名前は、シャーロックとワトソンです。

シャーロックは、パーセベランス号のロボットアームの端にあります。 ワトソンは、シャーロックと連携して岩のテクスチャなどの画像をキャプチャするカメラです。これら2つの機器を組み合わせると、有機分子を検出して火星の岩石上の鉱物を選択することができ、生命の基礎的要素を明らかにするのに役立ちます。

これらのツールは、パーセベランス号の比較的大きなシステムの一部であり、発見された最も興味深い岩石のサンプルを掘削し、掘削したサンプルを金属管に入れて、火星の特定の場所にドロップすることができます。 NASAは、将来の火星ミッションには、これらのサンプルを取得して地球に戻すことができる宇宙船が含まれると予想しています。

NASAによると、SuperCamを含む別の6つの機器がシャーロックに加わるでしょう。ローバー自体の重さは約1025kgで、7月17日から8月11日までのいずれかの間に打ち上げられる予定です。NASAは、打ち上げ日は関係なく、その時間枠内であれば、2021年2月18日に火星のジェゼロクレーターに到達すると述べています。

コメント