Windows 10 更新プログラムで不具合が多発:アンインストールを推奨

米Microsoftが4月14日にリリースしたWindows 10の累積更新プログラム「KB4549951」に関して相次いで不具合の発生が報告されています。KB4549951は、Microsoft Officeのセキュリティ改善、Windowsのセキュリティ強化、またファイルの保存と管理に関する更新を目的としたアップデートですが、一部では、プログラムをインストールした後に、ファイルが勝手に削除されるなどといった重大な問題が発生しています。

報告された不具合の中には、KB4549951をインストール後、「Blue Screen of Death(BSOD、死のブルースクリーン)」と呼ばれるシステムの突然停止になったというケースも含まれています。他にも、Bluetoothに接続できない、Wi-Fiに接続できない、システムのパフォーマンス低下などの問題が発生しているとの報告があります。

これまでにユーザーから報告されたKB4549951インストール後のBSODエラーコードは次のとおり、多岐に渡ります。

  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
  • CRITICAL_PROCESS_DIED
  • ACPI_BIOS_ERROR
  • INACCESSIBLE BOOT DEVICE
  • MEMORY_MANAGEMENT
  • DPC_WATCHDOG_VIOLATION
  • Portcls.sys
  • 0x8007000d
  • 0x800f081f
  • 0x80073701

Microsoftに関するニュースサイトのWindows Latestは、Microsoftから修正プログラムが公開されるまで、「KB4549951」のインストールを待つか、すでにインストールしている場合は速やかにアンインストールすることを推奨しています。

ちなみに、現時点ではMicrosoftはKB4549951に関する問題を認識しておらず、この問題の修正には時間を要するとみられています。

4 Comments

  1. のりにぃ Reply

    うちのパソコンでそのアップデート削除したら、USBのポートが2つ死にました。
    デバイス記述子要求の失敗、だそうです……

  2. mr.トンスラー Reply

    win10は動きはトロいしアップデートは長いわで最低最悪だね。
    Microsoftの技術者はバカしかいないのか?

  3. #include Reply

    まさに私も起動して10分位で、PCの処理が急激に重くなり10秒ほどでOSが再起動or強制終了orフリーズが5割位の頻度で発生しました。設定アプリの更新履歴には正常にインストールした事になっておりましたが、コンパネからアンインストールしようとしても表示されず、cmdでコマンド打って更新履歴を見るとインストールされていない事になっていました。打開策として、修正インストールを行いました。注意点として、修正インストールの後に更新プログラムをインストールするとKB4549951が再度インストールされてしまいます。修正インストール後にKB4549951をインストールし、再起動せず、コンパネからKB4549951をアンインストール後にmicrosoftがリリースしているwushowhide.diagcabをダウンロード実行して自動更新の候補からKB4549951を除外しました。

コメント