大画面テレビに立体音響を。ソニーのサウンドバー「HT-G 700」

ソニーは、バーチャルサラウンド技術を備えた新型のサウンドバー「HT-G700」を発表しました。前後左右のサラウンドに加え、大画面テレビに合わせて高さ方向のサラウンドを最適化し拡張することで、臨場感あふれる三次元の立体音響を実現しています。

ドルビーアトモス、DTS:Xに対応

「HT-G700」は、ほとんどのテレビの下に配置できるクラシックなデザインです。サウンドバー本体と連動するサブウーファーは、部屋のどの場所にも配置できるように、スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続が採用されています。サウンドバーには、自動的に再生するコンテツに合った音設定をするオートサウンド」のほか、映画鑑賞のための「シネマ」、音楽を聴くための「ミュージック」といったサウンドモードが搭載され、リモコンで簡単に操作できます。このほか、深夜に音量を下げて視聴する場合でも、明瞭感のあるサウンドが得られる「ナイトモード」、人の声の周波数成分をイコライザー補正し聞きやすくする「ボイスモード」などが用意されています。

「HT-G700」は、HDMI入力とHDMI出力、光デジタル入力、Bluetoothワイヤレス接続などがあります。ハードウェアは3.1 chオーディオを提供。リモコンの「Immersive AE」ボタンを押すと、高さ方向の立体音響を表現するVertical Surround Engine」が働き、上からも音に包み込まれるような体験ができるといいます。

スピーカーは、ドルビーアトモスDTS:Xに対応。また、高さ方向のサラウンドサウンドを創出する「Vertical Surround Engine」、後方にスピーカーを置かなくても前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現できる「S-Force Pro フロントサラウンド(TM)」が搭載されています。バースピーカーの重さは3.5kgで、サブウーファーの約半分の重さです。

発売予定日は6月13日、価格は60,000円(税抜)前後。

コメント