NASAは、パンデミックにもかかわらず、火星行きローバーは予定通り進行中

NASAは、火星探査車パーセベランスのアップデートで、パンデミックにもかかわらず、この夏にマシンを打ち上げることはまだ順調であると述べました。ソーシャルディスタンスを保つための努力により、多くの人々が自宅で仕事をすることを余儀なくされましたが、一部のチームが努力を続けることを止めていません。これには、パーセベランスに取り組む多くの専門家が含まれます。すべてが計画どおりに進んだ場合、ローバーは2021年の初めに火星に到達します。

パーセベランスは、NASAの最新の火星探査車であり、惑星の遠い過去に存在していた潜在的に居住可能な景観の証拠を探す任務を負います。 NASAはまた、この探査機とその一連の機器を使用して、火星での以前の微生物の生命の証拠を探します。

予期せぬ「新型コロナ」という世界的大流行により、多くの宇宙プロジェクトや取り組みが遅れましたが、パーセベランスはその1つではありません。先週の発表で、NASAは、そのチームが4月にかなりの量の作業を終え、今夏、ローバーを打ち上げる予定であると述べました。

NASAは、先月チームが行った取り組みを詳しく説明しました。たとえば、ローバーを下降ステージに最初に取り付けた後、4月末にローバーにエアロシェルバックシェルを取り付けました。これら2つは、パーセベランスが2021年2月中旬に火星に到着するまで離しません。

また、パーセベランスチームは火星のヘリコプター車両をローバーの腹に取り付けました。最終的には、それ自体が実験のようなものとして火星に配備され、研究者が火星で飛行を行うことができるようになります。ローバーは、United Launch Alliance Atlas V 541ロケットを使用して打ち上げられます。

コメント