今、不安を抱える人たちへ:メンタル回復の為知っておいてほしいこと

トロント大学の研究によると、全般性不安障害(以下GAD)に苦しんでいる人々の大部分はその状態から回復し、「優れた」レベルのメンタルヘルスに到達できることが明らかになりました。同様に、この治癒状態に到達する確率を高める特定の要因を発見したとのことです。この研究では、かつて全般性不安障害にかかったことのある人の約60%が、過去1年間、同様に他の精神的問題を抱えていなかったことも発表されています。

新しい研究の結果では、実際のところGADからの回復率は非常に高く、元の患者の約40%が「優れた」レベルのメンタルヘルスに達するという結果が報告されています。それだけでなく研究者らは、GAD患者のうち72%は少なくとも1年間以上この障害から解放された経験があることを発見しました。

この場合、「優れた」メンタルヘルスとは、誰かが1か月間ほぼ毎日、人生の満足感や幸福感を感じるとともに、1か月間高いレベルの心理的および社会的幸福を報告している状態を指します。(うつ病症状の欠如、全般性不安、および通年の薬物依存からの回復など)

ほとんどの患者は安心を見つける、心の拠り所が鍵

数値を詳しく調べたところ、加えて、かつていずれかの不安障害にかかったことのある人の約60%が、過去1年間、同様に他の追加問題やメンタルヘルス問題も抱えていなかったことがわかりました。 なおこの研究には、全般性不安障害の病歴のある2,000人以上のカナダ人が参加したとのことです。

これらの肯定的な結果は、GADに10年以上苦しんでいる人々でさえ見られ、長期的な苦しみを経た人の約4分の1は、最終的には精神的健康の「優れた」段階に復帰しました。改善が達成された方法は様々でしたが、いくつかの要因は強く関連していました。同研究では、幸福感と「心の安らぎ」を提供してくれた人が少なくとも1人いた人は、そのような関係を持っていなかった人と比較して、「優れた」分類に達する可能性が3倍高いことがわかりました。

また、精神的または宗教的な信念を持っている場合も安定したメンタルヘルスレベルに達する可能性が36%高くなりました。 研究者らは、より高い力への信念は改善に強く関連していると述べています。

反対に、不安な人が優れたメンタルヘルスに到達する確率を低下させるいくつかの要因も明らかになりました。具体的には体調不良、不眠症、「機能制限」の経験、うつ病の病歴などが挙げられています。

不安障害に苦しむ人は、いかにも自分がそのような「運命」の中にあるという感覚に襲われます。しかし、長いトンネルの先には光があるという希望を捨てないことが大切です。

コメント