プレミアムサービスが無料!Google Meetでビデオ会議をしよう

みなさんはもうWeb会議やオンライン飲み会を体験しましたか。Zoomが良くも悪くも話題になる一方、Googleが新たな発表を行いました。2020年9月30日までGoogle Meetを誰もが無料で使えるようになるそうです。

徐々に展開され5月には完了の予定

通常、Google Meetはプレミアムサービスとして提供されるもののため、Zoomの市場シェアを積極的に狙った発表です。ただし、Google Meetにはすぐにアクセスできない可能性があります。Googleによると、段階的な展開となるため、Meetの安定性を維持した上で、より多くのユーザーに提供されます。会議を作成できるかどうかは、meet.google.comで確認できます。作成できない場合は、Googleアカウントを登録することで、Meetが利用可能になると、情報を得ることができます。

Googleは5月上旬までに展開が完了すると予想しており、それ以降は、メールアドレスを持っている人なら誰でもMeetを使用できる予定です。加えて、ユーザーをZoomから引き離すために、Meetのセキュリティ機能に焦点を当てた発表がありました。具体的には、会議の主催者は、会議への参加を承認または拒否することができ、通話をミュートまたはキックすることもできます。

もう1つの利点は、匿名アカウントは個人アカウントで作成された会議に参加できないことです。Googleは、悪意のある人々が会議を混乱させるのを防ぐために、会議コードを複雑にしています。また、進行中の会議も暗号化しますが、会議の記録も、Googleドライブに保存されている間は常に暗号化されます。Meetのデータは広告やサードパーティーへの販売には使われておらず、Googleは、「Meetがプラグインを必要とせず直接ブラウザー内で実行できることが安全性の維持に役立っている」と述べています。

無料バージョンへのアクセス方法は?

Google Meetの無料バージョンにアクセスする方法は、個人、グループ、チーム、ビジネス、学校のいずれであるかによって異なります。個人ユーザーはMeetのウェブサイトにアクセスし、Googleアカウントでサインインすると、2020年9月30日までMeetのプレミアムバージョンが無料で使えます。これには、画面共有、リアルタイムキャプション、Googleカレンダーによるスケジュール管理などの機能が含まれ、会議の時間制限はありません。

グループやチームは、2020年9月30日まで無料で利用できるG Suite Essentialsを利用してGoogle Meetにアクセスすることができます。Google Meetのウェブサイトから登録を行うことができます。既存の G Suite を利用している企業や学校で G Suite for Education を導入している場合は、すでに契約している契約でも Meet にアクセスできます。Google は、最大 10 万人が一度に参加できるライブストリーミングなどの高度な機能を企業に提供しています。

Zoomのセキュリティ問題に関する良くない話を聞いて、会議用ソフトウェアの選択に迷っている人には、Google Meetが新たな選択肢として挙がるのではないでしょうか。詳しくはGoogleブログをご覧ください。Google Meetがいつから誰でも利用できるようになるか等の詳細情報は、上記のリンクから得ることができます。

コメント