NASAが火星ヘリコプターの正式名称を「Ingenuity」と発表

NASAの火星用ローバーのPerseverance(パーセベランス)号と一緒に旅をするヘリコプターの名前が決定しました。ヘリコプターは、別の惑星で最初の動力飛行を行うために設定され、火星表面への新しい空中洞察を得るために使用されます。

安全期間が経過した後、ヘリコプターはローバーの下から配置され、飛行前のチェックを開始します。上面のソーラーパネルがバッテリーの充電を開始し、最終的にツインプロペラが4ポンドの航空機を火星の空に持ち上げます。その視点からデータを収集しますが、その最も重要な役割は、火星への飛行が他のタイプの探査への貴重な追加であることを証明し、将来的にはより長時間のヘリコプターへの道を開くでしょう。

このヘリコプターに欠けていたもの、それは、正式名称であり、それが昨日発表されました。ヘリコプターは、アラバマ州ノースポートのタスカルーサ郡高校の生徒であるVaneeza Rupaniさんによって、Ingenuityと名付けられました。

NASAのName the Roverエッセイコンテストの一環として、Rupaniさんは当初、ローバー自体の候補としてこの名前を思いつきました。 「惑星間旅行の課題を克服するために一生懸命働いている人々の創意工夫と才能は、私たち全員が宇宙探査の驚異を体験できるものです」と彼女は彼女のエッセイに書いたのです。 「創意工夫は人々が素晴らしいことを成し遂げることを可能にするものであり、それは私たちが視野を宇宙の果てまで広げることを可能にします。」

しかし、Perseverance(パーセベランス)と決まった後、NASAの当局者は、ヘリコプターも独自の名前を付けるのが適うのではと決定しました。 NASAの管理者であるJim Bridenstine氏は、ルパーニさんのエントリを選択し、他の惑星に降り立つ最初の航空機として来年、すべての人に紹介するヘリコプターの名前にふさわしいと述べていました。

すべてが計画通りに進んだら、7月にフロリダのケープカナベラル空軍基地のスペースローンチコンプレックス41から、ユナイテッドローンチアライアンスアトラスVロケットの上でPerseveranceとIngenuityは離陸します。火星への長い旅になるでしょう。火星へのタッチダウンは2021年2月18日に予定されています。

コメント