「Google メッセージ」、過去のメッセージが消える現象が多発

LINEがメジャーになる前、私たちのコミュニケーションはSMSが中心でした。いわゆる「メール」というと、私たちが想像するサービスがSMSではないでしょうか?しかし、そのSMSも変化を迎えています。

Google メッセージ

LINEやMessenger、Wechatなど、私たちのコミュニケーションはメールベースから、チャットベースに変わってきました。ビジネスにおいても、ChatworkやSlackといったビジネスチャットのサービスが力を増しています。

そんな状況において、Googleが力を入れているのが、Android端末に搭載された「Google メッセージ」。iPhoneでいうiMessage、もしくはWhatsAppのようなサービスです。既読がついたり、画像や動画の共有がスムーズにできたり、メールやチャットだけのサービスから一歩進化しています。

バグで過去のメッセージが消えてしまう

Googleが拡大を急ぐ一方、問題も抱えていることがわかりました。その1つが、過去のメッセージが消えてしまうこと。過去のメッセージを気にしない人からすれば、小さな問題かもしれません。しかし、多くの人は過去のメッセージを読み返したりすることがあるはず。仕事で使っていれば尚更です。

さらに問題をややこしくしているのが、すでにこのアプリが世界中のユーザーに広く使われていること。スタートアップのサービスではなく、Googleのサービスということなんです。多くの苦情が寄せられているようですが、Googleはまだバグだとは認めていません。対策についても発表されていないため、重要なメッセージを残したい場合は、他のアプリを使うのがいいかもしれません。

コメント