Microsoft Surface Dock 2は、ユーザーの御眼鏡にかなうのか

MicrosoftのSurfaceのラップトップとタブレットは洗練された外観ですが、MacBook Proのファンが最近学んだように、このようなデザインの代償を払うこともあります。特にポートは不足しているため、Microsoftはこれを補うために独自のSurfaceドックを販売しています。残念なことに、多くのユーザーにとってそのアクセサリは満足のいくものではなかったのですが、幸いなことに、第2世代のDockにはようやく、ユーザーが求めていたものがある様です。

現在のSurfaceドックは、いくつかの理由で多くのユーザーに好印象を与えることができていません。ドックをSurfaceラップトップまたはSurface Proに接続するケーブルが短すぎて快適ではないという人もいます。そして供給電力はわずか95Wなので、USB周辺機器が接続されているデバイスと、デバイスの両方を駆動するには不十分です。そして何より、USB-Cの欠如があります。

Dr. Windowsのサイトによると、ベルギーのWebストアで新しいSurfaceドックが発見され、正確に対応しているとのことです。古いドックのミニディスプレイポートの代わりに、同じ目的などに役立つ2つのUSB-Cポートがあります。これは、長いケーブルを除いて、外側から見ることができる唯一の大きな変化です。

そのケーブルは引き続き独自のSurfaceコネクタを介して接続しますが、おそらく第1世代ドックの2倍以上の200Wの電力を供給します。これは、次のSurfaceラップトップとSurface Booksがさらに多くの電力を引き出すかどうか疑問を投げかける現在のSurfaceのラインナップには間違いなく十分な電力です。

もちろん、これらのアップグレードは文字通りの価格なしでは実現しません。このリストにより、Surface Dock 2は約$ 270になり、現在の$ 200よりもかなり高くなっています。日本でのSurface Dockの定価は27,940円 (税込)ですので、それよりも高くなるのは必須でしょう。新しい127W Microsoft Power Supplyの目撃情報もあります。これは、電力を大量に消費する新しいSurfaceコンピューターが間もなく登場することを示唆しているようです。

コメント