Apple Powerbeats 4のデザインが判明。H1チップを搭載した最新モデル

AppleがリリースしているワイヤレスイヤホンPowerbeatsシリーズ最新モデルのデザインが判明しました。情報はFCC(連邦通信委員会)の承認製品のリストから。最新モデル「Powerbeats 4」だと思われる製品が登録されていることが明らかになっています。

フィット感が高いPowerbeatsシリーズ

Appleのワイヤレスイヤホンと言えばAirPodsシリーズが有名ですが、すべてのユーザーがAirPodsを使用しているわけではありません。同社がリリースしているPowerbeatsシリーズは、イヤーフックが付いており、フィット感が高く、ハードなスポーツを趣味にしているユーザーから幅広く支持を受けています。

今回判明したPowerbeatsシリーズの最新モデル「Powerbeats 4」は、Powerbeats Proのデザインに酷似しています。さらに、前モデルのPowerbeats 3のようなイヤホン同士を接続するケーブルが付いており、ケーブルを備えたPowerbeats Proになりそうです。

また、「H1チップ」を搭載されると言われており、前モデル(Powerbeats 3)よりもペアリングが改善され、稼働時間が長くなるようです。

Powerbeats 4は、3月末のAppleのイベントで公開

今回判明したPowerbeats 4は、FCC(連邦通信委員会)の承認製品のリストに登録されていることがわかっています。そのため、Powerbeats 4は近日中にリリースされる可能性が高いです。3月末にAppleは新製品の発表イベントを控えているので、そのとき一緒にお披露目されるのではないでしょうか。

コメント