『サフラン』が睡眠の質を改善か

新しい研究によると、サフランと呼ばれる高価なスパイスは、しばしば不安な夜を経験する大人の睡眠の質を改善できる可能性があります。この研究は、少なくとも中程度のうつ病を患っており、抗うつ薬を処方され服用している人々において、以前にサフランを抗うつ効果と関連付けていた同じチームからのものです。

クロッカス・サティウスという名の花のめしべを乾燥させたもので、乾燥させたものは深紅色の糸状で、独特の香りを持ち、水に溶かすと鮮やかな黄色になります。1グラムのサフランを採るのに160個ほどの花が必要です。ですので世界一高価な香辛料とも呼ばれています。

コストにもかかわらず、このスパイスはサプリメントとして人気があり、一部の人々はこの化合物からさまざまな利点を得られると主張しています。過去の研究で判明したこれらの利点の1つは、軽度または中程度のうつ病の人のうつ病症状の軽減です。

マードック大学の最新の研究では、サフランはうつ病ではなく、身体的に健康ではあるが、睡眠の質が悪いと報告する人の睡眠の質を改善する可能性があることもわかっています。この研究の参加者は、研究に至るまでの少なくとも4週間は他の薬を使用してはいけないと記載されていました。

研究者は、サフランが睡眠の質を改善することを発見しましたが、「キャッチ」もあります。研究は、「アフロン」と呼ばれる医薬品グレードのサフラン抽出物を含むものを1日2回14mg投与されました。研究を始めて最初の週に睡眠の質に対する有益な効果が出たと報告されましたが、より多くの人々との追加研究が必要だ、とも述べています。

この研究にはサタンダライズされた医薬品グレードのサフラン抽出物が含まれていたため、生や市販のサフランまたはサプリメントを摂取することで同じ利点を得るのに苦労するかもしれません。

コメント