TCLの次世代モデルがリーク。スライド式のディスプレイを搭載したスマートフォン

中国TCL新型スマートフォンを開発中とのうわさが、米メディアCNETよりリークされました。この新モデルはユニークな「スライドして画面を拡張できるディスプレイ」を搭載しており、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中止されたMWC 2020で発表される予定だったようです。なお、TCLの公式発表は行われていません。

ディスプレイを横にスライドできるスマートフォン

文章では伝わりにくいので、画像を見てほしい

CNETよりリークされた、TCLの新型スマートフォンはディスプレイを横にスライドし、画面を大きく拡張できるようになっています。このスマートフォンは、2019年12月に特許出願されていたものですが、あくまでレンダリング画像なのでどうやってディスプレイをスライドさせるかなど、構造は判明していません。

TCLは1月に開催されたCES 2020で、折りたたみスマートフォンTCL 10Proを発表していることからも、ディスプレイを拡張できるスマートフォンの開発に力を入れていることは間違いなさそうです。

後ろから見るとスライド式であることがよくわかる

MWC 2020でのお披露目が予定されていた

MWC 2020での発表を予定していたそうですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で開催が中止された今、このスマートフォンの実物を見る機会がいつになるかはわかりません。しかし、新しいタイプのスマートフォンであることは間違いないため、TCLの公式発表に大きく期待したいところです。

コメント