新しいIIHS安全評価テスト基準採用で、一部は廉価モデル評価格下げか

米国道路安全保険協会(IIHS)は、テスト基準を更新し、その結果、来年から多くの中型車において安全性評価の引き下げが行われる見込みがあります。データによると側面衝突事故は乗員死亡事故の4分の1近くを占めるそうです。今回のテスト基準の変更は、制御された衝突テストと実際の側面衝突事故のデータとの不一致を修正する目的で実施されました。

新たなテスト基準では、ミッドサイズSUVが側面から衝突したケースを再現するため、重量は1,497kgから1905kgに、またスピードは50km/hから60km/hに引き上げられました。

新基準のテストは今のところ7モデルの中型車にしか適用されていませんが、それらの間の更新された評価の内訳は、かなり重要である。テストグループのうち、「Good(優)」「Acceptable(良)」の評価を獲得したのは3モデルだけで、1モデルは「Marginal(可)」、残りの3モデルは「Poor(不可)」という結果でした。IIHSによると、旧基準でテストしたときは、これらの車種はすべて「Good(優)」の評価を受けていたということです。

新基準でテストされた7モデルと評価結果は、2022年モデルのスバル・アウトバックが唯一「Good(優)」、2022年モデルのヒュンダイ・ソナタと2022年モデルのフォルクスワーゲン・ジェッタが「Acceptable(良)」評価を獲得。2022年モデルのホンダ・アコードは、「Marginal(可)」評価。そして、2022年モデルのトヨタ・カムリ、2022年モデルの日産・アルティマ、2022年シボレー・マリブは「Poor(不可)」でした。

アウディA8などの一部の中型車は、側面衝突の可能性w検知すると、自動的に片側のボディを持ち上げて、より高い部位で衝突の負荷を受けることでドライバーと乗客の衝撃を低減するアクティブサスペンションが搭載されています。しかし、この種の機能が、より手頃な価格のクルマで利用できるようになるには、おそらくまだ数年かかると思われます。今のところ、これらの新しいテスト基準はIIHSの安全性評価の賞には影響しませんが、2023年からは新基準が採用される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。