Can-Am 電動バイク2モデルを2023年に発売

BRPのブランドである「Can-Am(カンナム)」が2023年に「Can-AM Origin」、「Can-Am Pulse」という2モデルの電動バイクを発売すると発表しました。4輪自動車だけでなく、2輪でも電動化が進んでいく様です。

電動バイクの面白さは、メーカーがそのデザインに工夫を凝らしていることです。近未来的なスタイリングを持つ電動バイクが数多く発表されていますが、スポーツバイクの美学を取り入れたものもあります。また、最新の電動プラットフォームとレトロなデザインを組み合わせたものもあり、ガソリンバイクから電動バイクへの移行をより魅力的にしています。

BPRが「Can-AmのTrack n’ Trailの伝統への賛辞」と語るCan-Amの電動バイク。スペックなどの詳細は2023年8月公開予定ですが、Originは、平日は市街地での通勤、週末はオフロードを走ることができる一台のバイクを求めるライダー向け。一方のPulseは、バランスのとれた機敏なバイクで、毎日の通勤用バイクとして使用シーンと想定してデザインされたそうです。

両モデルともLEDヘッドライトを搭載し、ツイストグリップスロットル、振動の少ない「静音設計」など、BRPはバイク愛好家が興奮するようないくつかのディテールを公開しています。OriginとPulseの2モデルともロータックス製のE-POWER技術を搭載し、外観は似ているものの、それぞれ「個性的」だそうです。BRPはプレスリリースで、高速道路での走行に十分対応できると述べていますが、航続距離や最高速度などはまだ明かされていませんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。