【2021年版】サムスンが高解像度ディスプレイの最新ラインナップを発表

サムスン電子は2021年の高解像度モニターのフルラインナップを発表しました。この製品群は、実物に近い画質、利便性の向上、人間工学に基づいたデザインを実現しています。価格や発売時期の詳細は明らかにされていませんが、同社は「高解像度モニターの需要が増え続ける中、サムスンはお客様のニーズを満たす新製品を発表することで市場をリードし続ける予定です」と自信をあらわにしました。家庭やオフィスのどちらも想定されており、特に「目に優しい」点も強調されています。

サムスンが誇る高解像モニター

サムスンの製品は、S8、S7、S6の3つのシリーズで12種類の高解像度モニターを提供しています。すべてのモデルが10億色以上の色再現性とHDR 10技術を搭載。178度の広視野角を実現し、どの角度から眺めても見やすくなっています。

サムスンの2021シリーズは、テュフ ラインランドの「インテリジェント・アイケア」認証を取得しています。これは業界初の認証です。アダプティブ・ピクチャー・アイケア技術は、明るさや色温度を部屋の状況に合わせて自動的に調整します。これにより、ユーザーがどんな環境でも視聴できるように画質を最適化します。長時間の使用でも目の疲れを軽減するために開発された技術です。

価格や発売時期はまだ未定

また、ブルーライトの発生を抑えるアイセーバーモードや、画面のちらつきから目を守るFlickr Free技術も搭載しています。また、「Eco-Saving Plus」技術は全ての製品ラインで採用されています。中でもS8はフラッグシップモデルで、27インチと32インチのモデルがあり、sRGBの色域の99%をカバーしています。

S8モデルは、USB-Cポートによる10Gbpsのデータ転送に対応しており、S80UAは最大90Wの充電が可能です。S7シリーズは、QHD解像度で、27または32インチのサイズ、スリムなスタンド、178度の視野角を備えています。S6シリーズは、34、32、27、24インチのサイズで、QHD解像度を持ち、ピクチャーバイピクチャーとピクチャーインピクチャーに対応しています。また、複数の画面を接続するデイジーチェーン技術にも対応しています。S6シリーズの中には、曲率1000R、アスペクト比21:9の34型ウルトラワイドクアッドハイビジョンモニター「S65UA」があります。残念ながら価格や発売時期についてはまだ明らかではありません。今後の続報が待たれます。

コメント