EV仕様のジープ「ラングラー・マグニート」 コンセプトモデル発表 285馬力

ジープは、毎年恒例のイベント「ジープ・サファリ」に向け、『ラングラー・マグニート』と呼ばれるコンセプトカーを発表しました。2ドアのラングラーを完全に電動化したもので、市販化するにはまだ数年かかると思われますが、ラングラーにとっては初めての完全EV仕様となります。

マグニートは、2ドアのラングラー・ルビコンをベースにしています。内燃機関の代わりに、バッテリーや電気モーターを搭載して285馬力と370Nmのトルクを発揮します。ジープは0-97km/hを6.8秒としていますが、航続距離については明らかにされていません。

ジープ『ラングラー・マグニート・コンセプト』

ジープブランドの北米担当副社長であるジム・モリソン氏は、マグニートについて、サステイナブルかつ静かで、岩を登るような力強さがあると述べ、ジープの4×4を次のレベルに引き上げたゼロ・エミッションのコンセプトカーであるとしています。ジープは、今後すべてのモデルを何らかの形で電動化すると宣言しています。

現在、ラングラーの電動モデルには、プラグイン・ハイブリッドの『ラングラー4xe』が用意されていますが、電気だけでわずか35kmしか走行できません。ジープがラングラーを完全EVにする上で課題となるのは、ボディの空力特性です。箱型のラングラーは、その形状から航続距離とエネルギー消費効率を犠牲にせざるを得ません。ジープがラングラーの特徴的なスタイルを維持しながら、EVとしての実用性や魅力をどのように確保するのか、注目です。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント