ステルス戦闘機のようなカラーリング!新型レクサスIS 500 Fスポーツ 500台の初期限定モデル登場

自然吸気V8エンジンを搭載した新型レクサス『IS 500 Fスポーツ』の初期限定モデル、「ローンチエディション」が北米で公開されました。500台の限定生産で、北米市場専売モデルとなっています。

IS 500 Fスポーツ・ローンチエディションは、最高出力472ps、最大トルク535Nmの5.0L V8自然吸気エンジンを搭載しています。ピークトルクは4,800rpmで発生。8速ATで後輪を駆動し、0-97km/h加速を4.5秒で達成するとのこと。新型BMW『M3』などと競合するようなパフォーマンスセダンです。

レクサス『IS 500 Fスポーツ・ローンチエディション』

レクサスはこのV8エンジンを、クーペの『RC F』や高級スポーツセダンの『GS F』など、他の高性能モデルにも採用してきました。また、IS 500 Fスポーツには、トルセン式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルやアダプティブ・バリアブル・サスペンションが搭載され、よりシャープなハンドリングとスムーズな乗り心地を実現しています。

初期限定のローンチエディションは、全車にインコグニートグレーの専用塗装が施されます。19インチのBBSダークガンメタルホイールと合わせて、ステルス戦闘機のような雰囲気を醸し出しています。レクサスによると、このホイールは、IS Fスポーツの標準ホイールと比較して1.8kgの軽量化を実現し、バネ下重量の軽減に貢献しているといいます。

ブラックとグレーのツートンカラーのウルトラスエードシート、専用のシルバーアッシュウッドアクセントを施した本革巻き&ヒーター付きステアリングホイール、ブラックのFスポーツ専用バッジ、インストゥルメントパネル上の新しいアニメーション表示などが採用されています。また、センターコンソールにはシリアルナンバープレートが添えられます。

新型IS 500 Fスポーツ・ローンチエディションは、今年の秋に米国で発売されます。価格は未定ですが、50,000ドル(546万円)からになるという情報もあります。最新のV8エンジンを搭載したISセダンは、前面衝突警告、自動緊急ブレーキ、アダプティブ・クルーズ・コントロール、レーン・トレーシング・アシストなど、包括的なアクティブ・セーフティ機能を備えています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント