窮地のAston Martinに救世主現る:EVの遅れとレースにおける大変革

財政難に陥っていたAston Martinに救世主が現れました。同社は1億8200万ポンド(約261億円)の投資を受け、窮地を脱するその過程で、いくつかの重要なロードマップの変更も行われたようです。2019年に悲惨な業績を残してから、深刻なキャッシュフローの問題に直面していたAston Martinは、野心的なEVブランドの販売計画を延期。しかし現在、経営陣はこの計画がまだ軌道に乗っていると主張しています。

カナダのF1実業家、Lawrence Stroll氏が株式を買収

Aston MartinのCEO、Andy Palmer氏は「2019年は非常に残念な年だった」と述べ、資金調達先を探して投資家との話し合いに入っていました。その中で、中国の巨大企業吉利(ジーリー)が有力候補とも言われていましたが、実際に投資を名乗り出たのは、実業家のLawrence Stroll氏でした。今回、Aston Martinの株式の16.7%を1億8200万ポンド(約261億円)で買収。同社はさらに3億1800万ポンドの調達に動いていますが、Stroll氏の投資によりAston Martinはひとまず財政的な安定を得たことになります。

Stroll氏はF1チーム「Racing Point」を所有しており、今後はAston Martinの会長に就任することになりました。Palmer氏はCEOとして残り、2人は新たな事業計画に取り組むとともに、コストと雇用の削減に乗り出しました。Aston Martinによると、年間で1000万ポンド(約14億円)のコストを削減する必要があるようですが、2020年は700万ポンド(約10億円)程度の削減が実施される可能性が高いと思われます。

メーカー間でのプラットフォーム共有によりモデルの個性が薄まりつつある昨今、オリジナル設計の「DBX」は注目に値する。(エンジンはAMG製だが)

2020年のロードマップでは、同社初のSUVとなるAston Martin DBXの発売が予定されています。また、Vantage Roadsterが2020年春に登場するなど、明るいニュースもいくつかあります。

ハイパーカーのプロジェクト「Valkyrie」と「Valhalla」については、同社の超高級車モデルだけに登場が待ち遠しいところです。Aston Martin Valkyrie AMR Proは2021年に発表される予定ですが、Valhallaは2022年まで待たなければいけないかもしれません。いずれにせよ、新しいハイパーカーの誕生には期待が寄せられています。

EV販売戦略の遅れ

しかし、Lagondaブランドの復活に関しては、あまり良いニュースがありません。Aston Martinは2022年に高級EVブランドとしてLagondaを復活させる予定でしたが、現時点では早くても2025年に延期されています。

同社初のEVセダンとして販売される予定だったRapide Eも、依然としてあやふやな状態です。予定では今年中に販売が開始されるはずでしたが、Aston Martinによれば「Rapide Eの開発はほぼ完了していますが、計画はレビューのため一時停止しています。」とのこと。

英国では2035年からガソリン、ディーゼル、ハイブリッドモデルの販売禁止が決定した。
しかし、EVや燃料電池車の開発には多くのメーカーが苦戦している。

一方、ハイブリッド技術を活用して燃費を向上させるモジュール式V6エンジンの開発は進んでいるようです。Aston Martinは、2020年代半ばには主力車種がハイブリッドバージョンに対応できると期待しています。

レーシング部門には大きな変化あり

投資に伴う契約により、Stroll氏が所有するF1チームのRacing Pointは、2021年からAston MartinのF1ワークスチーム(メーカー専属チーム)となります。この関係は10年間続くことになっており、Aston Martinは同チームの経済的な利権を手に入れたことになります。最初の5年間はスポンサーシップを結び、その後も一定の条件で更新が可能となっています。

レースで活躍すれば注目度が高まり、ブランドの価値が上がる。
意外な形でのF1参戦となったAston Martinだが、このチャンスをしっかり活かしてほしい。

Aston Martinは現在、Red Bull Advanced Technologies(Red BullのF1チーム)とスポンサーシップを結んでいますが、この提携は今のところ継続する意向を示しています。今やライバルとなってしまった両社の協力関係は、Valkyrieが発売されるまで続けられるようです。Red Bullは一連の動向に関して、「Valkyrieの開発は、引き続きRed Bull Advanced Technologiesの重要なプロジェクトです。最初の150台は、年末には顧客に納車される予定です。」と明らかにしました。

107年の歴史を持つ英国のスポーツカーメーカーは、救世主の登場によりひとまず窮地を脱したようです。現在、販売台数の世界的な減少や環境問題など、自動車業界は非常に厳しい逆風にさらされています。伝統的な一流ブランドですら存在を危ぶまれてしまうのです。Aston Martinがこれから経営を立て直せるかどうかは、今後のEV戦略とレーシング部門にかかっています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント