AppleがiPhoneの充電ケーブルについて調査:将来的に付属されない可能性も?

iPhone 12は、カメラの組み合わせからエッジのデザインまで、多くのものを変えました。しかし、最大の変更点はスマートフォン自体ではなく、ボックス内に付属されていたものです。Appleがイヤフォンや充電器を同梱しないという決定は、同社が環境に利益をもたらし、コストを削減すると主張していたもので、議論を呼びました。そして、最近の販売後の調査によると、USB-C Lightningケーブルさえも同梱しないことを将来的に検討しているようです。

現状の付属品廃止も利益重視として議論を呼ぶ

 多くのユーザーがiPhone 12の必須アクセサリと考えているものを外すことをAppleが公式に正当化したのは、冗長な電子機器が環境に与える影響を軽減するためでした。最近ではほとんどの人が充電器を持っており、iPhone 12を買う人の多くは充電器付きの古いiPhoneを持っているかもしれません。

しかし、Appleが今年のiPhoneシリーズに追加したより高価なコンポーネントを考慮すると、これはむしろコスト削減だと考える人もいます。また、AppleがUSB-CのiPhone充電スタンドを持っていないユーザーに充電器を販売して利益を得る方法だと考える人もいます。さらに、ブラジル政府のように、Appleの公式な理由を信じない人たちもいます。

充電器同梱廃止前にもあった調査が行われていると報告

同社はUSB-CからLightningへの充電ケーブルさえ廃止することで、さらなる論争を巻き起こす可能性があります。iPhone 12ユーザーは、SIM取り外しツールや充電ケーブルなど、同梱されている他のアイテムを使用するかどうかを調査されているようです。Appleはまた、iPhoneの充電器の廃止を決定する前に、同様の調査を行っていました。

もちろん、この調査はAppleがケーブルを同梱しないことを完全に決定するものではありません。充電器の同梱を取り巻く最近の雰囲気を考えると、すぐには外されないかもしれません。しかし、USB-Cの充電器とは異なり、USB-CからLightningへのケーブルは標準化されておらず、サードパーティーのケーブルの品質に対する信頼度が非常に低いため、もしこれが決定すればユーザーはAppleの公式ケーブルを購入することになるかもしれないため、これはさらに議論を呼ぶ可能性があります。

コメント