AirPods Max発表も最新のUWB用U1チップ搭載なしで賛否両論

長い間発売が噂されていたAirPods Maxのオーバーイヤー型ヘッドフォンをAppleがついに発表し、市場を驚かせました。その衝撃は機能よりも価格の方にあり、その価格であれば、ほとんどすべての機能を網羅していると予想され、商品概要では、このヘッドフォンはその期待を満たしています。しかし、U1 Ultra-wide Bandチップの存在を示唆する機能を備えているにもかかわらず、そのチップは使われていないようです。

センサーが装着しているかを判断し再生

 AppleのAirPods Maxには、装着状態をヘッドフォンに伝えるさまざまなセンサーが搭載されています。光学式センサーと位置センサーが、装着しているか、取り外しているかを知らせ、必要に応じて一時停止や再生を再開します。また、ヘッドの位置や向きに応じてオーディオを3D空間に配置し、立体的なオーディオを実現するためのダイナミックヘッドトラッキングも備えています。

このようにセンサーが大量にあるにもかかわらず、Appleは最新のシリコンチップであるU1 UWBチップを省いたと報じられています。理論的には、このチップはAirPods Maxがヘッドフォンの装着方向を認識し、左右のドライバーを別々に用意しなくても左右を区別するのに役立つはずでした。しかしAppleInsiderによると、デバイスの仕様ページでは、Appleの第2世代オーディオプロセッサ「H1」を含む他のすべてのセンサやチップについて言及しながら、U1については一切触れられていません。

高価格なのに最新チップでないことで物議を醸す

AppleのU1チップがあれば、改良されたより信頼性の高いAirPlayなど、プレーンなAirPodsでは得られないはるかに多くの機能をヘッドフォンに備えていたでしょう。また、UWB技術をベースにしていると考えられているAirTagsの追跡機能を利用することもできます。

これは厳密には致命的な損失ではありませんが、Appleの最新のイノベーションがないことから、AirPods Maxの価格は物議を醸しています。549ドル(日本販売価格61,800円)という価格は、Appleがそのブランド、エコシステム、そしてプレミアムオーディオ品質を頼りにしていることは明らかで、それは製品が発売されるときに確認されなければなりません。日本での発売は2020年12月15日と発表されています。

コメント