iPhone 12モデルの撮影機能をフランスのDxOMarkが評価

今年発売のAppleのiPhone 12は、写真撮影機能でより記憶に残る商品かもしれません。​少なくとも、最大かつ最も高価なiPhone 12 Pro Maxに関しては、DxOMarkのベンチマークでトップクラスのスコアです。すべての2020年モデルのiPhoneが同じように作られているわけではなく、すべてが同じカメラを搭載しているわけではありません。​iPhone 12 Proモデル同士の差はわずか2ポイントですが、Proモデル以外のiPhone 12は、写真を最重視するユーザーには少し物足りなく感じるかもしれません。

静止画も動画もオートフォーカス機能が強み

iPhone 12がカメラ以外にも優れたデバイスであることを考えれば、このスコアもそれほど驚くべきことではありません。​カメラは2台で、両方とも12メガピクセルのセンサーを搭載していますが、ズームや3D認識専用のハードウェアはありません。​そういう意味では、iPhone 12がこのような高得点を記録したことは、Appleがハードウェアとソフトウェアの両方を最適化しようとした努力の証です。

​静止画に関しては、iPhone 12は非常にうまく機能しており、その最大の強みは、高速で正確なオートフォーカスです。​しかしDxOMarkによると、ノイズを最小限に抑える点では不十分だといいます。

ズーム機能が弱点

動画撮影にも同じデメリットが見られますが、それほど低いスコアに落とすことはありませんでした。​実際、iPhone 12はこのカテゴリの3番目の位置を占め、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxに続いています。重要な強みであるオートフォーカスと、正確な露出と広いダイナミックレンジはDolby Vision HDRのサポートによるものです。

​DxOMarkによると、iPhone 12の弱点はボケのシミュレーションとズームです。どちらも、サポートするための専用のハードウェアがありません。iPhone 12はタイトな予算の方のために安定した写真体験を提供しますが、どうしてもAppleがいいというユーザー以外は、SamsungやOPPO、Vivoのスマートフォンと迷うかもしれません。

コメント