M1チップ搭載の最新MacBook AirとProを分解してわかったこと

アメリカの​iFixit社は、AppleのM1チップを搭載した 「MacBook Air」 と 「MacBook Pro」 モデルの分解を公開しました。​分解してみると、何が変わったのか、また、どこが同じなのかがわかります。最も注目すべき箇所は、マシンに電力を供給する新しいAppleシリコンでしょう。同社によると、新MacBookは「前作とほとんど変わらない」 そうです。

チップ以外はほとんど変更されていない様子

 ​M1チップを搭載した新しいMacBook AirとMacBook Proが購入可能になりました。​これはAppleのIntelからの移行を表しており、パフォーマンスの向上と電力効率の向上が約束されています。​ただし、新しいモデルについてはチップ以外の箇所はほとんど変更されていません。

​iFixit社は、新たに公開した分解図の中で、両方のモデルの比較写真を公開しました。​M1 AirとProには、以前のIntelモデルとの違いがいくつかあります。​例えば、MacBook Air M1はファンではなく、アルミニウムを使用して熱を処理しますが、Pro M1の熱設計はIntelとよく似ていると説明されています。

Apple自社のハードウェアへの移行開始

分解の結果、新しいMacBook Pro M1のファンは、Intelのデュアルポート版のものと同じであることがわかりました。​最も興味深いのは、M1チップそのもので、Appleのロゴ、8つのCPUコア、統合グラフィックスを搭載しています。​これらのマシンの 「心臓部」 の隣には内蔵メモリがあり、自分でメモリを更新するのは難しいかもしれません。

結局のところ、新しいMacBookは、Appleの2年間の自社ハードウェアへの移行の始まりを意味しています。​しかし、より多くのメモリとストレージを必要とするプロフェッショナル向けの構成がMacに搭載されるようになるまでにどれくらいかかるのかは未だ不明です。

コメント