iPhone 12 miniが分解される:修理可能性スコアは10点中6点

​Appleは、iPhoneが発売された当初から大きな進化を遂げています。​今年は、昨年のように3種類だけでなく、正式にiPhone 12 miniと命名されたものを含む4つのiPhone 12シリーズを発表しました。​他の3つとminiを比較してみると、そのサイズにもかかわらず、Appleは重要な仕様を妥協することなく、ほとんどすべての基本機能を詰め込むことに成功しました。

部品やバッテリーを縮小し小さな本体を実現

 ​iPhone 12 miniのサイズを考えると、Appleが標準的なiPhone 12モデルとほぼ同じ機能を、共通の5Gを含めて提供することができたのは奇跡に近いでしょう。​もちろん、カットすべき箇所もありました。予想通り、最大の打撃を受けたのは8.57 Wh、2,227 mAhパックになったバッテリーでした。​比較すると、基本のiPhone 12は10.78 Wh、2,815 mAhのバッテリーを搭載しています。

分解を行ったアメリカの​iFixit社は、AppleがiPhone 12 miniに他と同じ基本機能を提供するために取った措置について言及しています。​例えば、スピーカーとタプティックエンジンは標準部品の小型版で、MagSafeリングの側面は狭い本体に合わせて切り取られています。​残念なことに、内部のスペースは非常に狭く、イヤフォンジャックのスペースはほとんどなく、Appleがそれを復活させるわけではありません。

カメラに妥協なし

​しかし、Appleが妥協しなかったのはカメラの領域で、iPhone 12 miniにはiPhone 12と同じセンサーが搭載されています。これが、他の部品を縮小したにもかかわらず、電話のバッテリーが小さい理由です。​良い面としてiFixitは、カメラモジュールを交換しても問題はないと報告しています。

​iPhone 12 miniがiFixitの修理可能性に関する指数で10点満点中6点を獲得するのは驚くことではなく、比較的修理が難しくないことを意味しています。もちろん、簡単というわけではないですし、Appleがサードパーティーの修理を完全に締め出すような規制を強化するのは時間の問題かもしれません。

コメント