AirPods Proに不具合がある可能性:交換プログラムが発表に

Appleは、一部のAirPods Proユニットの新しいサービスプログラムを発表し、これらのデバイスのわずかな割合でいくつかの音の問題が発生する可能性があると判断したと述べました。さまざまな問題に関連する過去のサービスプログラムと同様に、Appleは影響を受ける可能性のあるこれらのユニットに対して、いくつかの異なるオプションを通じて無料でサービスを提供しています。

パチパチ音やノイズキャンセリングが機能していない方は注意

AirPods Proは、Appleの通常のAirPodsモデルよりも洗練された高価な代替モデルで、アクティブノイズキャンセリングや、音質の改善など、小型モデルに比べていくつかの機能を提供します。新しいサービスプログラムによると、これらのユニットの一部で1つ以上のサウンドの問題が発生する可能性があります。

不具合の内容としては、騒がしい環境にいるときや、電話で話したり運動したりするなどの特定の活動を行っているときに、パチパチという音が聞こえることがあるかもしれません。同様に、ユーザによっては、バックグラウンドサウンドの音量が大きくなったり、低音が聞こえなくなったりするなど、アクティブノイズキャンセリング機能に問題が発生する場合があります。

対象か検証後、無償交換へ

Appleによると、影響を受けた製品は2020年10月より前に製造されたもので、片耳のイヤホンにのみ問題があらわれる可能性があるそうです。もしあなたが問題のAirPods Proを持っているなら、Appleはこのデバイスを無料で提供すると述べています。

いくつかの修理オプションがあり、近くにある場合は最寄りのApple Storeを予約できます。そうでなければAppleの正規サービスプロバイダーを探しましょう。どちらもできない場合は、サポートチームに問い合わせてくださいとAppleは伝えています。

コメント