YouTubeでいいね済みの動画をYouTube Musicのプレイリストに表示させない機能追加

音楽ストリーミングサービスであるYouTube Musicがアップデートされ、ユーザーがすでに高く評価(いいね)している動画を避けるオプションを提供することで、コンテンツの鮮度を保つことができる新機能が追加されました。このフィルターは、ユーザーがすでにYouTubeで気に入った動画を非表示にできるよう設計されており、YouTube Musicと通常のYouTubeプラットフォームを分離するのに役立ちます。

YouTube MusicとYouTubeを切り離す機能

YouTubeには動画が満載ですが、YouTube Musicは楽曲に特化しています。特に動画をよく見るユーザーは、もう一度その動画を見る際にあまり手間をかけずに見つけられるように「いいね」しているでしょう。これまで、これらのいいね済みの動画はYouTube Musicのユーザーのプレイリストにも表示されており、場合によっては同じトラックの重複を引き起こしていました。

Android Policeによると、YouTube Musicは静かにアップデートされ、オプションをオフにすることでユーザーがこれらの動画を非表示にできる新機能が追加されました。残念ながら、YouTube自体には対応する設定がないため、YouTube Musicで気に入った曲は引き続き動画プラットフォームに表示されます。

オプションをオフへ設定変更する必要がある

この機能は2020年初めに噂されましたが、現在はすべてのYouTube Musicユーザーが利用できます。この新しいオプションはデフォルトでオンになっているので、[設定]から[再生と制限]、[YouTubeで高く評価した音楽を表示]に移動する必要があります。こちらをオフにすると、YouTube Musicのプレイリストからいいね済みのYouTube動画が削除されるはずです。

コメント