Netflixが「まだ視聴中ですか?」のメッセージを無くす機能をテスト

Netflixがたった数シーズンで番組を打ち切りにすること以上に厄介なことがあるとすれば、それは数エピソードごとに表示される「まだ視聴中ですか?」のメッセージでしょう。このメッセージでは、ユーザーがボタンを選択してコンテンツを再開する必要があるため、誰も見ていない状態で番組が進むのを防ぐことができます。問題は、番組を夢中で見ている人々の視聴体験を中断させることです。

メッセージを無効にする新機能をテスト中

「まだ視聴中ですか?」のメッセージは完全にいらないとは言えません。競合するアプリHuluの問題でもあるように、離れている間に番組を際限なくストリーミングすることで、どこまで視聴されたかわからなくなるのを防ぐことができます。ただし、長い間視聴しているとこのメッセージは煩わしいものになります。この場合、今回紹介するテスト中の新機能が役立つかもしれません。

NetflixがThe Vergeに語ったところによると、現在テスト中の新機能では、ユーザーが連続視聴のメッセージを無効にすることができるようです。必要なときはメッセージを利用し、いくつかのエピソードを視聴することがわかっているときには番組の中断を回避できます。

全会員への公開に関してはまだ発表なし

このテストで機能を確認したユーザに基づいて、メッセージが最初に表示されたときに画面から直接メッセージをオフにすることができます。視聴しているかの確認に加えて、ユーザーはさらにメッセージを表示せずに番組の再生を続ける2番目のオプションをクリックすることもできます。

この機能がいつ全ユーザーに公開されるかはまだわかりませんが、この種のオプションに対する需要を考えると、標準機能になるのは避けられないでしょう。今回のニュースは、一部のNetflixユーザーが4月から利用している 「New&Popular」 メニューの正式公開や、将来リリースされるコンテンツと並行して発表されました。

コメント