セットアップ中にデバイスのカスタマイズも可能?Windows 10 Insider Preview Build 20231が公開

Microsoftは、Windows 10のセットアッププロセスを簡単でシンプルなものにし、入力方法とプライバシー設定以外にユーザーからの入力をほとんど必要としないようにしました。ただし、これにより、設定プロセスの煩雑さが軽減されると同時に、ユーザーが最初から何を設定するかをコントロールできなくなり、設定プロセスが終了した後に設定を掘り下げなければならなくなりました。Windowsの将来のバージョンでは、Microsoftはユーザーにもう少し発言権を与えるかもしれませんが、それらのオプションはまだ謎に包まれています。

セットアップ時に用途に応じてカスタマイズ

OSの設定を掘り下げてシステムを完全にカスタマイズし、Microsoftがデフォルトと決定したものに固執するWindowsユーザーはおそらく多くはないのが現状です。つまり、Microsoftが通知で知らせてくれない限り、Windowsの機能を発見するユーザーは少ないということです。また、ユーザーはMicrosoftが裏で何をしているのかを実際に認識していない可能性があることも意味します。

そこで、2020年10月7日(米国時間)に発表された最新の 「Windows 10 Insider Preview Build 20231」 では、新たに Windowsセットアップ (OOBE) ステップが導入されており、ユーザーはデバイスを使用する目的に応じて、システムをカスタマイズできるようになっています。Microsoftは各オプションの詳細を明らかにしていませんが、おそらくそこで行われた選択に関連するアプリ、設定、機能を明らかにするでしょう。

最初はDevチャネルの一部ユーザーのみが対象

このビルドには、SkypeのMeet NowをWindows 10のタスクバーに統合するなど、古いプレビュー版の機能も含まれています。Microsoftはまた、旧コントロールセンターからWindows 10設定アプリに情報を少しずつ移しつつあり、旧コントロールセンターの最終的な廃止に備えています。

この新しいセットアップオプションは、Windows 10の最終更新で終了する場合と終了しない場合があり、少なくとも現時点では、いくつかのオプションを選択しても実際には何もされません。現在展開の対象となっている一部ユーザーに新しいOOBEページが表示されるのは、PCをリセットするかWindowsのクリーンインストールを行った場合のみであり、エンドユーザーが将来的にPCをアップデートする際にも表示されるかどうかについてMicrosoftは言及していません。

コメント