拡張現実 (AR) の新しい体験をGoogle他各社が構築中

スマートフォンに搭載されている拡張現実 (AR) アプリの多くは、奇抜なARステッカーから、矢印や1度しか必要としないであろう方向指示まで、一時的なものによく使用されます。しかし、現実世界をデジタルで拡張することは、そのようなバーチャルオブジェクトが、次に同じ場所に戻ったときにすぐに使えるようにしておくと、さらに面白くなります。これこそがARCoreのCloud Anchors APIの目的であり、GoogleはこのAPIをより多くの開発者に公開して、彼らがより永続的なAR体験を作れるようにしようとしています。

ポケモンGOとは全く別のAR体験

ポケモンGOのようなゲームは、位置情報ベースのARのアイデアをより一般的なものにしましたが、それはAR体験の氷山の一角にすぎません。ほとんどの場合、スマートフォンに表示されるARオブジェクトは自分のためのものであり、近くにいても誰にも見えません。これらのオブジェクトはアプリを終了したりオフにしたりすると消えてしまい、再起動してオブジェクトを再作成する必要があります。

2019年に導入されたARCoreのCloud Anchorsは、より永続的なARアプリを作成できます。これには、同じ地理的位置に永続的なARオブジェクトを表示させることから、ARアプリにそのようなオブジェクトを家のどこに置いたかを記憶させ、中断したところから再開させることまで、さまざまなことができます。さらに重要なのは、これらのオブジェクトは、スマートフォンを通して現実世界に存在するかのように他の人が見ることができるということです。

用途は無限大!異業種各社が続々と準備中

Cloud Anchorsのアプリケーションは、現実世界の場所に歴史的なシーンを再現するものから、自分の部屋に植えた木がARで成長するのを見るものまで、ほとんど無限の可能性があります。バーチャルな壁画やメッセージを思い出の場所に残して他の人に見せることもできますし、同じ場所で新しい家具や家電を置くのを何度も試すこともできます。

もちろん、これらの体験は自分で創り出すものではありません。Googleは2019年に幸先の良いスタートを切り、生活家電を販売するアメリカのLowes社、携帯電話事業社で韓国のSK Telecom社、スウェーデン鉄道などと提携してこのようなアプリを準備しています。上記の動画からARの新しい体験を覗くことができます。うまくいけば、現在は廃止されているDaydream(VRプラットフォーム)とは異なり、これらの改善と新機能によって、ARCoreがすぐになくなることはないでしょう。

コメント