来週、Googleが米国で独禁法訴訟の対象になる可能性

Googleは、新製品とサービスを発表したばかりですが、来週のGoogle本社はまた違った雰囲気になるかもしれません。同社は長い間、世界中の多くの国で反競争的行為で非難されてきましたが、今後の検索と広告ビジネスを真に揺るがし、形作る可能性のある正式な訴訟にはまだ直面していません。アメリカの司法省が、申し立てられている日程を強行すれば、この訴訟は最終的に次のステージに進む可能性があります。しかし、もっと大きな問題は、州の司法長官がそれに参加するかどうかです。

本当に訴えるかには意見が分かれている模様

Googleが独占禁止法訴訟の対象になるかどうかは、「もしも」の話ではなく 「いつ」 の問題でした。2019年に連邦取引委員会と司法省は、インターネット検索とオンライン広告の分野におけるGoogleの反競争的行為についての調査を発表しました。訴訟の時は近いと主張する情報筋もいますが、実際訴訟するかについては、政府側からはまだ意見が分かれているようです。

数週間前にも、Googleがついに問題に直面するという報道がすでにありましたが、司法長官の支持は得られていません。Googleを訴えるべきだという点ではほぼ全員が一致していますが、米国政府が訴訟を起こす用意があるという点では意見が一致しているわけではないようです。一部では、連邦政府が米国の選挙を控え、現政権を肯定的に評価するために日程を繰り上げているとの見方も出ています。

競合他社を故意に不利な立場に置いていると非難されている

この訴訟は、法的にもオンラインでもGoogleに向けられた非難を中心に展開しています。Googleのシステムは、貴重なユーザーデータやユーザーの好みを意図的に隠し、Microsoft Bingのようなライバルの検索エンジンや他の広告主を不利な立場に置いていると主張しています。

Googleは、ユーザーがオンラインで他の情報源を利用することは常に自由であり、Googleを利用することが唯一の選択肢ではないとしています。法的な意味での独占権を持っていないのは事実かもしれませんが、支配的なサービスとブランドとしてのGoogleの地位は、ほとんどの人が知っていることでしょう。

コメント