watchOS 7へのアップデートでApple Watch 3にバグが発生

ここ数年のiOSのアップデートは、順風満帆ではありません。Appleのモバイルプラットフォームの初期の頃とは対照的に、アップデートは初日からバグに悩まされており、中には深刻なものもあります。Apple Watch Series 3は、watchOS 7にアップグレードして以来、ランダムに再起動してしまう報告が上がっています。もはやApple Watchも、OSアップデートの影響を受けないわけではないようです。

複数のユーザーからバグの報告

先週ローンチされたwatchOS 7は、AppleのウェアラブルOSの最高のバージョンの一つでしょう。睡眠の記録から新しい文字盤まで、数多くの新機能が追加されました。これは、2017年に発売されたApple Watch Series 3もサポートしています。

しかし、Apple Watch 3ユーザーにとって残念なことに、watchOS 7はこれまでで最悪のリリースになるかもしれません。かなりの数のかなりの数のユーザーがアップグレード後に発生した様々な問題を報告しており、ひどいものでは、一日中ランダムに再起動されるという報告もあります。

watchOS 7.0.1でも問題は解決せず

また、全般的なパフォーマンスの低下や、他にもさまざまな問題に関する苦情が寄せられています。ペアリングされたiPhoneからの切断文字盤の読み込みの失敗などが含まれます。さらに悪いことに、ユーザーはwatchOS 6にダウングレードすることさえできません。

Apple Watch Series 3のハードウェアは古いので、高度なwatchOS 7機能をサポートできない可能性があります。残念なことに、Appleはこの件について明言しておらず、これはまだ推測の域を出ていません。watchOS 7.0.1は今週公開されましたが、いずれのバグも修正されていないと報告されています。

コメント