TikTok米事業買収はMicrosoftではなくOracleが勝利

わずか数日の間に、アメリカにおけるTikTokを巡る動きが再び激しくなりました。TikTokは、人気のショートビデオソーシャルプラットフォームであり、その買い手はMicrosoftであると予想されていました。しかしMicrosoftは、TikTokのオーナーである中国のByteDanceが同社にTikTokを売却しないことを発表しました。

Microsoftへの売却は行わないと発表

TikTokのアメリカでの今後の動きについての議論は、中国が輸出規制を発表した数日間で再び激しくなりました。独自の新たな輸出規制により、アルゴリズムや人工知能 (AI) 技術の販売が制限されました。TikTokはこれらの技術を利用して、どのビデオがユーザーに提示されたかを判断しています。この技術は、中国がその可能性を疑うまでは、買収取引の一部だったはずです。

そのため、Microsoftにとっては取引の面白みが薄れたのかもしれませんが、交渉から手を引いたのはByteDance自身だったようです。Microsoftの公式声明ではその理由については言及されていませんが、内部関係者が最大の手がかりとなる情報を提供しました。この情報筋は、Oracleが入札に勝ったと主張していますが、正確には、事前により多くの金額を提供したからかもしれません。

完全な買収ではなくパートナーとして発表される予定

この取引は、Oracleを米国における「信頼できる技術パートナー」であり、完全な買収ではないものとみなしていると言われています。いずれにせよ、内部取引が本当に買収につながるかどうかは、両社だけが知っていることです。特にOracleは、おそらくバックエンドを除いて、ソーシャルメディアプラットフォームを扱った経験がないことを考えると、この動きに様々な意見が出てくる可能性があります。

そして今大きな問題となっているのは、このような買収の再構築が、より大きな力の誇示を狙っているドナルド・トランプ米大統領によってなされるかどうかです。MicrosoftとByteDanceが譲歩しようとしていたよりも、この買収に米国財務省へのより大きな資金提供が含まれていれば、トランプ大統領も受け入れるかもしれません。

コメント