ヤリスクロスのGRパーツ登場 ラリー仕様のスタイリングに

トヨタ「ヤリスクロス」のGRパーツが発表されました。GRパーツとは、トヨタの完成車に後付けできるパーツのことです。ラリー仕様のボディパーツを多く用意し、スポーティな印象を強めることができます。

ヤリスクロスはトヨタ最新のコンパクトクロスオーバーで、現在、日本で販売されており、ヨーロッパでは2020年半ばに発売されることになります(北米は未導入)。

GRパーツは、ブラックアウトされたヘッドライトと、フロントに左右に黒い樹脂パーツを用意。また、赤の泥除けや黒のGRホイール、ツインエキゾーストなども設定し、ラリーカーのようなエクステリアを完成させます。

ヤリスクロスは、トヨタのグローバルプラットフォーム「TNGA-B」を採用しています。ホイールベースは「ヤリス」と同じですが、ヤリスクロスの方が30mm広いグランドクリアランス(最低地上高)を確保しています。待望のホットハッチ「GRヤリス」とプラットフォームを共有しているからです。

日本では、ヤリスクロスはガソリンエンジンとハイブリッドを搭載。標準では1.5L 直列3気筒モーターに6速MTまたはCVTを組み合わせます。

もるかするとトヨタは、275馬力の1.6L 3気筒ターボモーター、AWD(トルセン製LSD付き)、そして新型ヤリスGRと同様のマニュアルトランスミッションを搭載した、ヤリスクロスの「GR」モデルを提供するのかもしれません。

おそらくその可能性は低いでしょうが、ガズー・レーシングのカラーリングを施したヤリスクロスは、ラリーカーに限りなく近いものです。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント